【なぜ、HSPの仕事は遅いのか?】毎朝ため息をついて出勤したくない方へ

 

読者さん
■仕事が遅くて、怒られてしまう…
■怒られると引きずってしまい、前向きになれない
■HSPでも、仕事に前向きになりたい!

 

HSPが仕事をする上で、「仕事の遅さ」に悩んでしまう方が多いです。

少し周囲より遅いだけで怒られ、仕事に自信を無くしてしまう人もいます。

 

私はHSS型HSPですが、

不特定多数のお客さんの相手をしつつ、自分の仕事スピードも求められる接客業をこなしてきた経験があります。

 

そこで本記事では、下記3点をご紹介します。

  • HSPの仕事が遅い2つの理由
  • 仕事の遅さを放置すると、仕事が辛くなる
  • HSPの仕事の遅さを解決する3つの方法

 

今回の方法は、簡単にどなたでも出来る方法ですので、是非取り組んでみてください。

 

HSPの仕事が遅い2つの理由

HSPの仕事が遅い2つの理由

まずは、なぜHSPは仕事が遅くなってしまうのかをご紹介します。

 

HSPの仕事が遅い理由は、主に2つ考えられます。

  1. 物事を深く考えてから行動している
  2. 完璧主義のため

 

物事を深く考えてから、行動しているため

HSPの仕事が遅くなる理由は、深く考えた後に行動しているためです。

 

社会になると、勤務時間内でいかに効率良く仕事をこなせるかが求められます。

そのため

  • 動きながら考えたり
  • マルチタスクをこなす必要があります

 

しかし、HSPの場合は、考えてから行動しているので遅れてしまうのです。

 

その理由として、HSPには、物事を深く考えるという特徴があります。

HSPが仕事に取り組む時は、

  • まず、何から始めるか
  • 社内外への連絡はいつするか・しても良いか
  • 1つの問題を解決するまで、他が手につかない。

など、行動より考えることが優先になりがちです。

 

HSPは、マルチタスクが苦手なので仕方ないのですが、仕事スピードを求める時は、行動を意識すると良いでしょう。

 

完璧主義のため

2つ目の理由は、完璧主義のためです。

HSPには、完璧主義の人が多いと言われており、一度請け負った仕事は、最後までしっかりやりたいと考えます。

 

例えば

  • 細かい所までこだわったり
  • 確認事項を何回も確認したり
  • 雑に終わらせるのは納得できなかったり

1つの仕事を終えるのに、とても時間が掛かります。

 

そのため、仕事が遅くなり、上司に「もっと早く出来ないの?」と怒られてしまうのです。

 

読者さん
なぜHSPは、完璧にこだわるの?
masaki
それは、自己肯定感が低いためです。

 

自己肯定感が低いと、自分の発言や行動に自信を持つことが出来ません。

仕事でも同様に

  • っかり出来ているか不安になったり
  • ミスをして怒られないか

ということに、怖がってしまっているのです。

 

以上からHSPは、自己肯定感が低いために完璧主義になってしまい、仕事が遅れてしまうのです。

 

こちらの記事では、HSPの完璧主義について詳しくご紹介しています。

まだ読んでないよ、という方はチェックしてみてください。

HSPに完璧主義が多い理由と和らげる方法

 

仕事の遅さを放置すると、仕事が辛くなる

仕事の遅さを放置すると、仕事が辛くなる

仕事が遅いままにしていませんか?

放置しておくと、仕事が辛くなり、辞めるキッカケになることがあります。

 

入社した当時は、「まだ仕事に慣れていないから」と指導してもらえます。

しかし、1年2年…と続けて行くと、言葉も強くなり「仕事が出来ない人」と思われてしまいます。

 

さらにHSPの場合は、特に注意が必要で

  • 仕事が遅いことに思い悩んだり
  • 怒られたことに落ち込んで、引きずってしまったり

気持ちを直ぐに切り替えることが出来ません。

 

そのため、仕事に対して前向きになれず

仕事に行くことが辛くなったり、辞めたいと思ってしまう原因になるのです。

 

社会から離れると、復帰しにくい

HSPの人が、仕事を辞めて社会から離れてしまうと、復帰しにくくなります。

 

既に仕事で辛い経験をしているので

  • 新しい仕事が自分に出来るのか不安になったり
  • また、怒られて人間関係で悩んでしまうのではないか

など、仕事選びの段階で足が止まってしまうこともあります。

 

社会から離れている時間が長ければ長い程、戻りにくくなります。

 

HSPにとって仕事の遅さなどの悩みは、直ぐにでも解決すべき課題だと言えるのです。

 

HSPの仕事の遅さを解決する3つの方法

HSPの仕事の遅さを解決する3つの方法

ここで、HSPの仕事の遅さに悩まない方法をご紹介します。

 

・マルチタスクの練習をする
・失敗を怖がらない、考え方と自己肯定感を身に着ける
・HSPに合った仕事を選ぶ

 

マルチタスクの練習をする

マルチタスクをこなすことで、仕事のスピードのアップが期待できます。

HSPは、マルチタスクが苦手と言われていますが、練習することで徐々にこなせるようになります。

 

  1. やるべきことを書き出す
  2. 優先順位を付ける
  3. 今取り組むべき1つのことに集中する

 

HSPは、頭で考えることが得意な分、メモに書き起こしたりせずに、全て頭で処理しようとします。

そのため、頭も心も限界以上にすぐにパンクしてしまいます。

 

まずは、やるべきことを書き出した後、優先順位をつけ、今やるべき1つだけに集中する練習をしましょう。

他のことが気になったら、意識的に1つのことに集中することが大切です。

 

HSPがマルチタスクをこなせない原因やこなす方法について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

【解決】 HSPがマルチタスクをこなす3つの方法!

 

失敗を怖がらない、考え方と自己肯定感を身に着ける

2つ目の方法は、完璧を求めて仕事が遅くなるという方におすすめです。

 

HSPが、失敗を怖がらずに行動するためには

「失敗はデータ」という考え方と「自己肯定感」を高めることが大切です。

 

そもそも失敗は、恥ずかしいことではありません。

失敗とは、今自分がやっている方法では上手くいかないということを、教えてくれています。

それなら、他の方法を試そう!と考えれば良いのです。

 

しかし、HSPは自己肯定感が低いために

人目が気になったり、なんて思われるか不安になったりして、怖がってしまっています。

 

自己肯定感を高めるためには、成功体験を持つことが大切です。

成功体験は

  • 自分の挑戦したいこと
  • 過去に、挑戦したかったけど諦めてしまったことなど

小さなことで構いません。

 

やれば出来たという経験が、HSPの自己肯定感を高めてくれます。

失敗が怖くなくなれば、仕事もプライベートもどんどん楽しめますよ(^^)/

 

自己肯定感を高める成功体験について、こちらの記事で詳しく紹介しています。

【HSP改善法】成功体験でHSPを改善しよう

 

HSPに合った仕事を選ぶ

仕事の遅さをカバーする上で、HSPに合った仕事を選ぶことは、とても大切です。

 

もし、合わない仕事を選んでしまえば

仕事の遅さのみならず、仕事に対してもネガティブになってしまいます。

 

例えば、接客業は合わないと言われています。

接客業は、不特定多数のお客さんが来るタイミングや要望に合わせて、気を配り続けなければなりません。

売場での仕事の遅さは、そのままクレームに繋がってしまいます。

 

一方で、HSPに合う仕事なら能力を活かした働き方が可能です。

 

HSPに合った働き方については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

是非チェックしてみてください。

【HSPの働き方10選】HSPの自分に合った働き方の見つけ方

 

まとめ

ここで本記事の内容をまとめます。

 

■HSPの仕事が遅い2つの理由

  1. 物事を深く考えてから行動している
  2. 完璧主義のため

■仕事が遅いまま放置すると、仕事が辛くなる

■HSPの仕事の遅さを解決する3つの方法

  1. マルチタスクの練習をする
  2. ミスを怖がらず行動出来るように練習する
  3. HSPに合った仕事を選ぶ

 

今回ご紹介した方法は、全てHSS型HSPの私自身が行っている方法です。

この方法を実践したことで、気持ちも軽く仕事に迎えるようになりました。

 

HSPの仕事の遅さは、練習や考え方次第で、誰でも乗り越えることが出来ます。

 

まずは、1つずつで大丈夫。

ゆっくり取り組んでみてください。

 

今より楽に、仕事にプライベートに何でも取り組めるようになるはずです。

最新情報をチェックしよう!