敏感すぎて人間関係に疲れる…HSPに合った人間関係に疲れにくい方法3選

HSPの人
「自分のやりたいことや意見があるけど、周りに
どう思われているか気になってしまう」

 

HSPを持ちながら仕事や学校に通っている方で、人間関係に疲れてしまった…

と、感じている方は多いのではないでしょうか。

 

敏感だから人の気持ちや考えに気付きやすく、人の事を優先してしまう。

その結果、思うように自分のやりたい事や意見が言えない…

 

もし、人間関係で疲れずに済む方法があったら教えてほしい!

 

そのような方に向けて、本記事ではこちらの内容をご紹介していきます。

  • HSPだから人間関係に疲れてしまう?
  • HSPが人間関係で疲れない3つの方法

 

人間関係で疲れやすい人の特徴

人間関係で疲れやすい人の特徴

仕事場、学校、友達付き合い、どこに行っても悩まされやすいのが人間関係です。

 

職場やクラスを覗いてみても、誰とでも上手く付き合いう人がいる一方で、

いつまでも馴染めなかったり、人付き合いで疲れてしまうという方が居ますよね。

 

実は、そんな人間関係で疲れやすい人には、いくつかの特徴があります。

その特徴とはこちら。

・周りに気を遣い過ぎて、自分の発言や行動を我慢してしまう
・周りの人に、こう思われているのではないか?と悪い方へ推測する
・言葉の裏を探ってしまう
・自分なんかどうせ…と、自己肯定感が低い

 

周りの人を気にして自分自身を抑えてばかりいると、自分の意見や行動する
という事が怖くなっていきます。

 

このように、ストレスを感じながらの関係では、人間関係に疲れてしまうのは
当然と言えます。

 

HSPは人間関係に疲れる特徴に当てはまる

HSPは人間関係に疲れる特徴に当てはまる

 

上記の4つの特徴を見た時、似ているなと思いました。

そうです、HSPの特徴にとても似ているんです。

 

HSPの特徴は数多くあります。

・人の気持ちや考えが分かってしまうくらい繊細
・周囲の環境に影響を受けるくらい敏感
・物事を深く考える事が得意 など。

 

HSPは人を見ただけでも、その人がどう思っているのか分かってしまいます。

そのため、「自分がこれを言ったら、どう思うかな?」と、人を意識しすぎて、
何も出来なくなってしまうんですよね。

 

これを人に相談しても「気にしすぎだ」「細かすぎると、理解してもらえない…

 

特に、HSPは人に相談しても理解されにくいので、1人で抱え込んで
しまいやすいのです。

 

HSPが人間関係で疲れにくい3つの方法

HSPが人間関係で疲れにくい3つの方法

HSPが人間関係に疲れやすいからといって、そのままにしていると
そのうち精神的に参ってしまうかもしれません。

その前に、HSPが人間関係で疲れにくい3つの方法をご紹介します。

 

・1人になる時間を作る
・人と適度な距離を保つ
・職場では、ビジネスと割り切る

 

1人になる時間を作る

HSPにとって、1人になる時間を作ることはとても大切です。

HSPの敏感さから、人と接している時は人一倍精神をすり減らしながら、
あらゆることに気を配っています。

 

それにより、いつの間にか体力的にも精神的にも疲れてしまうことがあります。

このような時は、無理をせず1人になって休みましょう。

 

休むことで、また前に歩きたくなりますよ。

 

人と適度な距離を保つ

HSPは感受性や共感力の高さから、人の気持ちを自分のことのように
捉えてしまうことがあります。

 

それにより、周りの人を助けてあげたり喜んでもらえるように、

頑張りすぎてしまうのです。

 

そんな時は、人と適度に距離を保つようにしましょう。

人にばかり目が行ってしまい、自分が疲れてしまっては元も子もありません。

 

1人になる時間を作るなどをして、自分にも目を向けてあげる事も大切です。

 

職場では、ビジネスとして割り切る

人と接することが多い仕事では、会社内からお客様からと両方に
気を遣い続ける必要があります。

 

私も接客業を経験してきましたが、会社とお客様からのご指摘があったりと、

繊細なHSPにとっては、なかなかにハードな職場です。

 

ですが、そのような時はビジネスとして割り切ることが大切です。

 

人なのでミスはあります。

なので、自分自身への指摘ではなく、自分の行ったことへの
指摘だと受け取りましょう。

 

最後に、接客業はおすすめしません!

 

まとめ

本記事では、

  • HSPが人間関係で疲れやすい理由
  • HSPが人間関係で疲れにくい方法3選

こちらをご紹介していきました。

 

忘れないために、簡単に記事を振り返っていきましょう。

 

人間関係で疲れやすい人の特徴とは?

・周りに気を遣い過ぎて、自分の発言や行動を我慢してしまう
・周りの人に、こう思われているのではないか?と悪い方へ推測する
・言葉の裏を探ってしまう
・自分なんかどうせ…と、自己肯定感が低い

 

HSPは、人間関係で疲れやすい人の特徴に当てはまっている!

・HSPは、人の気持ちや考えが分かってしまう為、人の事が気になりすぎてしまう
・HSPは、相談しても理解されにくいので1人で抱え込みやすい

 

HSPが人間関係で疲れにくい3つの方法

・1人になる時間を作る
・人と適度な距離を保つ
・職場では、ビジネスとして割り切る

 

本記事が少しでも、人間関係で疲れてしまうHSPの方の参考になりましたら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!