【時間で解決はやめよう】HSPの体調不良が辛い時に、おすすめの3つの対処法

 

読者さん
■考え込んだり刺激を受けると、すぐに体調を崩しやすい…
■体力が無いと、人からも指摘を受けてしまう
■HSPでも、楽に過ごす方法を知りたい

 

HSPからくる体調不良って、困りますよね。

仕事をするにしても人付き合いをするにしても、体調が悪いと積極的になれなくなってしまいます。

 

本記事では、そんなHSPの体調不良に悩む方に向けて、下記の2点をご紹介しています。

  • HSPの体調不良が辛い時におすすめの3つの対処法
  • HSPの体調不良に悩み続けないために、大切なこと

 

HSS型HSPの私自身、とても楽になった方法ですので、是非最後までご覧ください。

 

HSPの体調不良が辛い時に、おすすめの3つの対処法

HSPの体調不良が辛い時の対処法からご紹介します。

  1. 刺激を避けて休む
  2. 睡眠を取る
  3. 無理をしない

 

どれも簡単なことですが、HSPにとっては意外とできていないことが多いのです。

HSPの特徴も併せて紹介しますので、チェックしてみてください。

 

刺激を避けて休む

まずは、刺激を避けて休みましょう。

 

HSPは、人一倍多くのことを刺激として受け取ってしまうため、

刺激を受け続けると、疲れやすく体調を崩しやすくなります。

 

刺激を避ける具体的な方法として、下記がおすすめです。

  • 1人になる時間を作る
  • スマホやテレビ、部屋の明かりを消す
  • 音楽を聴かない
  • 自然の中で休む

 

読者さん
なぜ、この4つがおすすめなの?
masaki
それは、刺激を避けた休み方が大切だからです。

 

HSPは周囲の光や音ですら刺激として受け取ってしまいます。

 

そのため、休憩しようとして、スマホを手にYoutubeやSNSを見るのは、

「HSPにとって休んでいる」とは言えないのです。

 

経験がある方も居るかと思いますが、

休憩を取ったのに、疲れ取れてないなと感じるのは、このためだと考えられます。

 

よって、HSPの人が休む時や体調不良で辛い時は、

刺激を避けた休み方をしてみましょう。

 

睡眠を取る

2つ目は、睡眠を取ることも大切です。

 

HSPは、人の気持ちを繊細に感じ取るだけでなく、考えることも得意なため、

心と体、そして頭も疲れやすいのです。

 

疲労が蓄積されていけば体調不良だけでなく、

慢性疲労症候群などの病気を招く可能性もあると言われています。

 

その疲労回復に効果的なのが、睡眠です。

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、心身の疲れやストレスを回復してくれます。

心身だけでなく、脳も疲れやすいHSPにとって睡眠は、特に大切な時間なのです。

 

しかし、HSPの中には、

睡眠が大切だと分かっていても、どうしても寝つきが悪いという方がいます。

 

寝つきの悪さは、睡眠の質を高めることで改善することが出来ます。

こちらの記事では、寝つきをサポートするサプリをご紹介しています。

 

寝つきを改善し、朝気持ちよく起きたい方ご覧ください。

【1日3粒】HSPの睡眠不足・ストレス軽減で、手軽に生きやすく

 

無理をしない

3つ目は、体調不良にならないための方法をご紹介します。

それは、無理をしない事です。

 

当たり前のことのように思えますが、HSPはついつい無理をしてしまうのです。

 

その理由として、自己肯定感の低さが考えられます。

自己肯定感が低いHSPは、

  • 人目を気にして、なんて思われるか不安になったり
  • ミスを怖がって、完璧を求めてしまったり

頑張りすぎてしまうのです。

 

この他にも、頼み事やお誘いを断れず、自分の苦手なことも全力で向き合ってしまいます。

その結果、疲れ切ってしまったり、体調を崩してしまうのです。

 

なので、繊細なHSPだからこそ

自分に出来るかどうか・無理をしていないかどうか

行動する前に、自分に問う必要があるのです。

 

HSS型HSPの私自身、実際にこれを行っています。

そうすると、「無理そうかな」「出来そうだな」というのが、感覚ではなく、自分の状況を考えた上で判断出来るようになります。

 

私は、自分に問うようになって以降、無理をすることが殆ど無くなりました。

気持ちも体もとても楽です。

 

無理をしてしまうことが多い方、体調を崩してしまうことが多い方。

是非、自分の為に試してみてください。

 

HSPの体調不良に悩み続けないために、自分を把握しよう!

HSPの体調不良の原因は

  • 刺激への敏感さや
  • 周囲の悪い影響を受けてしまうこと
  • 疲れすぎてしまうこと

など、いくつもあります。

 

このように、繊細で敏感なHSPが体調不良に悩み続けけないために、

自分の状態をしっかり把握することが大切です。

 

HSPの体調不良は、休憩をしたり、時間が経つと元気になることが多いです。

しかし、時間経過で元気になってしまうために、重く受け止めず、体調不良を繰り返してしまうことが考えられます。

 

体調不良になった後の対処法も大切ですが、

体調不良にならないための行動が大切です。

 

上記で、体調不良にならないための方法をご紹介しましたが、是非取り組んでみてください。

辛いことを繰り返すより、元気で居る方が楽しいですから。

 

まとめ:HSPの体調不良

ここで、本記事の内容をまとめます。

 

■HSPの体調不良が辛い時におすすめの3つの方法

  1. 刺激を避けて休む
  2. 睡眠を取る
  3. 無理をしない

■HSPの体調不良を繰り返さないために、自分の状態をしっかり把握する

 

HSPの体調不良は、事前に自分の状態に気を付けておくことで、ある程度防ぐことが出来ます。

繰り返さない為にも、一緒に取り組んでいきましょう。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

【時間で解決はやめよう】HSPの体調不良が辛い時に、おすすめの3つの対処法
最新情報をチェックしよう!