HSPに完璧主義が多い理由と和らげる方法

■HSPの人って完璧主義?
■理想と違う欠点ばかりに気を取られる
■完璧主義を和らげるにはどうしたらいい?

 

HSPの人が物事に取り組む時、ついつい完璧を目指してしまう方が多いです。

完璧を目指すあまり、欠点が目に入るとやる気が無くなったり、どうせダメだと諦めてしまう人もいます。

 

HSS型HSPの私自身、以前は完璧主義でした。

完璧に出来なければやりたくない!そう思っていました。

 

しかし現在は、完璧主義を捨て、とりあえずやってみる!という精神で物事に取り組んでいます。

 

そこで本記事では、

HSPに完璧主義が多い理由から、完璧主義を和らげる方法までご紹介します!

 

本記事を読むことで、完璧主義の息苦しさを取り除き、気楽に物事に取り組めるようになります。

 

HSPに完璧主義が多い理由

HSPの人に完璧主義が多い理由は、HSPの特徴が深く関係しているからだと考えられます。

 

読者さん
HSPの特徴と深く関係しているってなに?
masaki
詳しくご紹介します!

 

HSPの特徴に、物事をよく考えるという特徴があります。

これは、質問を受けた時や何かに挑戦しようとする時など、あらゆるパターンを考えてから答えるというものです。

この時、自分の中で「こうしたい」と思う理想が出来上がります。

 

自分の中の理想、つまり「完璧」ですね。

 

しかし

  • 自分が理想のように行動出来なかったり
  • 理想に思っていたことの欠点を見つけてしまうなど

実際には、自分が思っている理想のように、上手くいくことは中々ありません。

 

これが、HSPの人に完璧主義が多い理由であり、

それが叶えられなかった時、そのギャップに気持ちが離れてしまうのです。

 

HSPの自己肯定感が低いことによる完璧主義

続いて、HSPに完璧主義が多い理由は、もう1つ考えらえます。

 

masaki
それは、自己肯定感が低いため

 

HSPの人は、自己肯定感が低い人が多いです。

 

自己肯定感が低いと

  • 自分の発言や行動に自信を持てなかったり
  • 人目ばかりを気にしてしまうことが多いなど

ちょっとしたことでも、ミスをするのが怖くなってします。

 

そのため、100%自信を持てるもの以外は、簡単に発言したり行動したりということが出来なくなるのです。

 

このようにHSPの人は、自己肯定感の低さから完璧主義になりやすいと言えます。

 

HSPの完璧主義を和らげる方法

ここでは、HSPの完璧主義を和らげる方法をご紹介します。

実際に、HSS型HSPの私がやって効果があったものなので、完璧主義に困っている方は、取り組んでみてください。

 

失敗はデータだと考える

 

失敗はデータだと考えることにより、もっと気楽に物事を捉えられるようになります。

 

失敗はデータだという文字通り、1つのデータとして捉えます。

自分のやり方や思っていたのとは違った。じゃあ、他の方法を試してみよう!

これだけです(笑)

 

完璧のみを求めていると、「自分が何をやりたいか」より

「どうやったら失敗しないか」「どこかに欠点は無いか」という、消極的な考えになってしまいます。

 

ミスをすることも欠点が見つかることも、悪い事ではありません。

失敗を1つのデータとして捉え、別の方法を試せば良いだけです。

 

このように試行錯誤をする方が、気楽且つ、自分の求めている物に近づけるはずです。

 

まとめ

ここで本記事の内容をまとめます。

 

■HSPに完璧主義が多い理由
HSPの深く考える特徴や自己肯定感が低いため■HSPの完璧主義を和らげる方法
失敗はデータだと考えよう!

 

私自身、以前は完璧主義で何をするにしてもミスをしたら…と考えてきましたが、完璧主義を和らげたことでとても楽になりました。

 

この方法はすぐにでも取り組めるので、是非やってみてください!

 

本ブログでは、HSPに悩む方に向けて、向き合い方や活かし方を紹介しています。

他記事でも、お役に立つ情報を発信しておりますので、是非チェックしてみてください。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

HSPに完璧主義が多い理由と和らげる方法
最新情報をチェックしよう!