【簡単】誰でも出来るHSPの寂しさを乗り越える3つの方法

読者さん
■HSPで1人が好きだけど、寂しい…
■寂しい時って、どうすれば良いの?

 

HSPの寂しさ、辛いですよね。

本当は友達と遊びたいけど、疲れすぎてしまうから1人にならざるを得ない。

 

HSS型HSPの私自身、

孤独を感じたり、ずっと一人なのかと不安になったことがありました。

 

しかし現在は、HSPの寂しさを感じることは殆ど無くなりました。

 

そこで本記事では、HSPの寂しさを乗り越えられるように、下記の2点をご紹介します。

  • HSPが寂しさを感じやすい3つの理由
  • HSPの寂しさを感じた時の3つの対処法

 

本記事を読んでいただけた方が、

1人の時間も楽しい、と思えるようになっていただけたらと思います。

 

HSPの人が、寂しさを感じやすい2つの理由

まずは、HSPの人が寂しさを感じやすい理由からご紹介します。

理由を知ることで、対策もしやすくなりますのでチェックしましょう。

 

  1. HSPが理解されにくい
  2. 1人でいる自分と、周囲を比べやすい

 

 

HSPが理解されにくい

1つ目の理由は、HSPが理解されない事からくる寂しさです。

 

HSPの特徴をみると、

  • 見ただけで人の気持ちや感情を感じ取れたり
  • 音や光を刺激として受け取ったり

HSP本人の感覚によるところが大きいです。

 

そのため、HSPのことを話そうかどうか…勇気を出して話しても、

理解してもらえないことが多くなってしまいます。

 

HSPの人が、HSPのことを打ち明ける時は、精神的に追い詰められた状態が多いです。

 

そんな時に、

「少しでも分かって欲しい」という思いから話しても、理解を得られなければ、

寂しさや孤独といった感情を感じやすくなります。

 

HSPの伝え方には、実はコツがあります。

そのコツについて、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

【親にHSPだと言っても良い?】HSPの伝え方と注意点を紹介

 

1人でいる自分と、周囲を比べやすい

2つ目の理由は、自分と他を比べてる事からくる寂しさです。

 

HSPの人のお話を聞いていると、よくこのようなお話を聞きます。

読者さん
「周りは友達同士で、自分は1人だから寂しい人と思われそう」
読者さん
「人付き合いに疲れやすいから、結局1人ぼっちになってしまう」

 

これの何がいけないのかというと…

周りが良くて(正しい)、自分がダメだと比べてしまっているのです。

 

本来、1人で過ごすことは普通のことですが、比べてしまうだけで、

要以上に寂しさを感じたり、まるでいけないことのように感じてしまいます。

 

以上2つのことから、HSPの人は寂しさを感じやすいのです。

 

HSPの寂しさを感じた時の3つの対処法

ここからは、実際に寂しさを感じた時の対処法をご紹介します。

私が実際に行って、寂しさを感じなくなった方法もご紹介していますので、チェックしてみてください。

 

  1. 睡眠を取る
  2. 運動をする
  3. 趣味を見つける

 

睡眠を取る

本ブログでは、何回かご紹介している方法です。

睡眠中は、成長ホルモンが分泌されるので、寂しさやストレスなどを和らげてくれます。

 

HSPの方は、寝つきが悪いという方も多いので、睡眠の質に気を付けると寝つきを良く出来ます。

 

例えば

  • 寝る30分前には、明かりを消す
  • スマホやパソコンなどの使用を避ける
  • 睡眠サプリを利用する

など、工夫すると良いかと思います。

 

睡眠サプリについて、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

  • 寝つけず、朝気持ちよく起きれない
  • 頭が重く疲れている
  • HSPのストレスを和らげたい

という方に、効果が期待できます。

【1日3粒】HSPの睡眠不足・ストレス軽減で、手軽に生きやすく

 

運動をする

気持ちを切り替えるために、運動もおすすめです。

汗を流すことで、デトックス効果や気持ちが前向きになる効果が得られると言われています。

 

HSPの人には

  • 軽めのジョギング
  • 公園や自然の中をウォーキングや散歩

などがおすすめです。

 

HSPの人は、自然が好きな人が多いので、気持ちを落ち着かせやすいと言えます。

 

趣味を見つける

こちらが、私が実際に行った方法です。

 

HSPにとって1人の時間は、刺激を避けて体を休める大切な時間ですが、

趣味を見つけることで寂しさを感じずに、楽しく過ごせるようになります。

 

私の場合は、これらを行っています。

  • 動画作成や投稿
  • バイオリン演奏

 

動画が完成した時や曲が弾けるようになった時の達成感があり、

1人の時間が楽しみに思えるようになりました。

 

そして、ゆっくり休んだ後は元気になれるので、「ずっと1人ぼっち」という寂しさを感じることはありません。

 

1人の時間を自分の好きなことで過ごせるので、趣味を見つけることはおすすめです。

趣味ないんだけど…という方は、1つでも見つけてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ここで本記事の内容をまとめます。

 

■HSPの人が、寂しさを感じやすい2つの理由

  1. HSPが理解されにくい
  2. 1人でいる自分と、周囲を比べやすい

■HSPの寂しさを感じた時の3つの対処法

  1. 睡眠を取る
  2. 運動をする
  3. 趣味を見つける

 

寂しさを乗り越えることで、毎日落ち着いた生活を送りやすくなります。

 

ご紹介した対処法は、どれも今日からでも始められるものです。

ご自身に合った方法を見つけていただき、寂しさを乗り越えていただければと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【簡単】誰でも出来るHSPの寂しさを乗り越える3つの方法
最新情報をチェックしよう!