【HSP改善法】成功体験でHSPを改善しよう

 HSPの改善方法ってあるの?

 同じHSPなのに、積極的な人がいる

 HSPは直らないけど、少しでも改善したい

 

繊細で傷つきやすく自己肯定感も低い、そんなHSPを少しでも改善したい!

けど、HSPは治らないから…と、悩んでいる方がとても多いです。

 

私は、自分から刺激を求め傷ついてしまうHSS型HSPですが、今は高い自己肯定感を手に入れ、HSS型HSPで良かったとさえ思っています。

 

しかし以前までは、

何をするにしても「どうせ自分なんか…」「死にたい」と否定していました。

 

そこで本記事では、

HSS型HSPが辛くて死にたいと思ってきた私でも出来た、HSPの改善法をご紹介していきます。

 

本記事を読み実践することで、HSPやHSS型HSPで辛いだけの自分を変えることが出来るはずです。

 

【HSPの改善法】成功体験を持とう

今回の改善法は、HSP・HSS型HSP問わず誰にでも出来ます。

結論から申し上げると、成功体験を持つことが必要です。

 

成功体験といっても、仕事で大きなことを成し遂げなければいけないのかというと、そうではありません。

 

自分が「やってみたかったけど、勇気が無くてできなかった」というような小さなことで大丈夫です。

 

このような成功体験を持つことで、

自分が「HSPの中でも度合いが強い」さらに「HSS型HSP」だと知ってからでも、自分のやりたいことに取り組めたのです。

 

  • 1人旅
  • ブログ
  • バイオリン

 

それでは、具体的にどうしていったのかをご紹介します。

 

【1人旅】HSS型HSPの私の成功体験

【一人旅】HSS型HSPの私の成功体験

現在の私は、HSPやHSS型HSPに当てはまらないくらい活動的です。

 

自分のやりたいと思ったことは、

「どうせ無理だ…」「自分なんか」と思う前に「やってみよう!」と思えます。

 

HSPやHSS型HSPからすると、ちょっと考えにくいですよね。

 

ですが、それが出来るようになったのも、

北海道へ飛行機に乗って、一人旅に行けたという成功体験を持てたからだと考えています。

 

大学4年生まで、1人で電車にも乗れなかった

私は、高校生の頃にいじめを受け、HSS型HSPということもあり自己肯定感は、全くありませんでした。

 

そのため、人と会話する時は当たり障りのない会話をして、やりたいことがあっても、我慢してきました。

 

そんな私は、大学4年生まで1人で電車にも乗ることが出来ませんでした(笑)

 

他の乗客と目が合い、自分が何て思われているのか気になったり、

隣の席の人が座る位置を移動しただけで、自分が何かしてしまったのかと罪悪感を感じて怖かったのです。

 

しかし、大学4年で就職活動をしなければいけません。

それで仕方なく、電車に乗り自分の行ける範囲で選んでしまいました。

 

本当は、大学も就職も行ってみたいところはあったのですが、やる前から自分には無理だと諦めてしまったのです。

今考えると勿体ないですね(笑)

 

以前の私は、自分の進路にも勇気が出なかったのです。

 

1人旅の成功体験が、HSS型HSPの自分を変えた

進路にも勇気を出せなかった自分を変えてくれたのが、1人旅の成功体験です。

 

私は、2019年の2月に北海道へ一人旅に行きました。

旅の目的は、2つ。

 

  1. 1つ目は、2018年9月に北海道で発生した胆振東部地震の復興のため、自分1人だけでもホテルに泊まり、復興の足しにしてほしい。
  2. 2つ目は、今まで自分が経験したことのないような、一面の銀世界を見たかったから。

 

この2つの理由が、自己肯定感の低さを吹き飛ばしてくれました。

そこでは、自分が生きてきた中で一度も見たことのない景色がたくさんあり、北海道や日本の美しさを知りました。

 

この経験を通じて、今まで私は、小さな自分の世界しか見ていないことに気が付きました。

だから、周りがどうしているのか、どう思うかばかり気にしてしまっていたのです。

 

外には、もっと自分の知らない事や景色がたくさんある!

この成功体験以降、周りの人の目がどうでもよくなりました(笑)

 

大学4年生まで電車にも乗れなかった自分が、1人で飛行機に乗って、1人で知らない土地を旅した。

 

今までは、「自分には、どうせ無理だ」と諦めていたけど、「やれば出来るかも」と考えが変わったのです。

 

HSPを改善したいなら、行動しよう

HSPを改善したいなら、行動しよう

HSPの対処法は、たくさんあります。

  • 耳栓をする
  • 自分に合った仕事をする
  • 自己肯定感を高める など

 

もちろん、これらも大事です。

耳栓をすれば、一時的に刺激をカットできます。

 

しかし、これらは対処法であって、改善とまでは行かないと考えています。

いつまでも人目を気にして、自己肯定感の低い自分と戦って行かなければいけません。

 

記のような成功体験をするためにも、行動が大切です。

自分が出来なかったことや挑戦してみたいこと、私のように一人旅に行ったことが無ければ、1人旅でも大丈夫です。

 

私は、成功体験を持てたあと、人目を気にすることなく自分のやりたいことに挑戦しています。

傷ついてしまうことはありますが、自己肯定感は高いままです。

 

読者の皆さんも成功体験を持つことで、自身のHSP改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ここで、本記事をまとめていきます。

 

 HSPの改善には、行動をして成功体験を持とう

 

本ブログでは、HSPに悩む方に向けて、HSPとの向き合い方や活かし方を紹介しています。

興味がある記事タイトルがありましたら、是非チェックしてみてください。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

【HSP改善法】HSPは治らない…諦める前に成功体験でHSPを改善
最新情報をチェックしよう!