【まとめ】刺激に弱いのに刺激を受けに行く!?HSS型HSPの診断テスト2選

 自分がHSS型HSPなのか知りたい!

 そもそもHSS型HSPってなに?

 HSS型HSPって何に活かせるの?

 

HSPを持つ人の中で、「自分は内向的ではないからHSPではないのかな?」と、疑問に思われる方が多いです。

 

実は、私も上記の特徴を持つ1人で、HSS型HSPです。
HSS型HSPは内向的には当てはまらず、さらに自ら刺激を求めるという特徴があります。

 

そこで本記事では、
無料で出来るHSS型HSPの診断テストと、内向的と外向的を併せ持つHSS型HSPの活かし方までご紹介していきます。

 

この記事を読めば、ご自身がHSPなのかHSS型HSPなのかが分かります!

人口の約6%が持つHSS型HSP

masaki
HSS型HSPとは、内向的なHSPと外向的なHSSの2つの特徴を併せ持った気質のことを言います。

 

このHSS型HSPは、人口の約6%の人が持っているとされ、刺激に敏感だけど、自分から刺激を求めるという面白い特徴があるのです(笑)

 

例えば、このようなものがあります。

■ 新しいことに挑戦するけど、ものすごく疲れる
■  行ったことのある場所より、新しい場所に行きたい
■  1度やったことのあるものは興味がわかず、新しい事をしたい

 

HSSは、外向的の他に刺激を求める人とも言われ、どんどん刺激のある新しい事を求めていきます。
そのため、1度やったことのあるものに対しては、刺激が薄れ興味がわきません。

 

私の場合は、1度見た映画はほとんど見返しません。
コナンなどのアニメが多いのですが、既に内容を知ってしまっているので見ようという気が起きないのです(笑)
ついつい、他に新しい映画は無いかな~と探してしまいます。

 

一方で、HSPの刺激に敏感な気質も持っているので、新しい刺激を受けた後は、HSPの人以上にぐったりと疲れてしまうのです…

 

HSPの人からすると、「自分から刺激を受けに行くなんてありえない!」と思われるかもしれませんが、それでも刺激を受けに行ってしまいます。

 

以上のことからHSS型HSPは、内向的なHSPと外向的なHSSの2つの特徴を併せ持った気質と言われているのです。

 

HSS型HSP診断テスト2選

ここでは、私が実際に行ったHSS型HSPの診断テストをご紹介していきます。

 

ご紹介するHSS型HSP診断テストはこちら
 アーロン博士のHSS型HSP診断テスト
 HSPセラピストによるHSS型HSP診断テスト

 

アーロン博士のHSS型HSP診断テスト

1つ目のHSS型HSP診断テストは、アーロン博士の診断テストです。
1996年にHSPの書籍を出版し、HSP気質を一般に広めたアーロン博士の診断テストをしてみたい方におススメです。

 

HSS型HSPの診断テストは、全部で20項目あります。
当てはまる項目にチェックを入れていく方式です。

 

女性の場合は、11項目以上。
男性の場合は、13項目以上当てはまると、HSS型HSPの傾向にあると言えます。

 

試してみたい方は、こちらから。

 

HSPセラピストによるHSS型HSP診断テスト

2つ目にご紹介するのは、HSPセラピストの二之宮さんによるHSS型HSP診断テストです。

二之宮さんもHSS型HSPで、自身の医者などの経験を活かしHSPの研究をされています。

 

HSPセラピストによるHSS型HSP診断テスト

 

HSS型HSPの診断テストは、全部で25項目あります。

ニックネームを記載し、全ての項目に「Yes」または「No」を選択していく方式です。

 

HSPの無料で出来る診断テストは、こちらの記事でまとめています。

無料で出来るHSP診断テスト3選!やり方を画像で紹介♪

 

HSS型HSPは、繊細さと外向性を活かそう!

HSS型HSPの診断テストは、受けられましたか?

ご自身がHSPなのか、それともHSS型HSPなのか判断の助けになりましたら幸いです。

 

さて、「自分がHSS型HSPと分かったけど結局何に活かせるの?」と思われる方も居るかと思います。

それをこの項では、ご紹介していきたいと思います。

 

結論から申し上げますと、自分の感受性を活かしたいときに役立ちます。

 

HSS型HSPは、HSPならではの感受性の高さに加えて、新しい事や興味のあることに取り組める外向性を持ち合わせています。

 

HSS型HSPは人口の6%しかいないため、あなたが繊細に感じ取った感受性は、他者が真似しようと思っても出来ない、あなただけのものです。

 

HSPによくある、自己肯定感の低さから自分には無理かな…?としり込みしてしまいそうな場面でも、新しいことに挑戦していけると思います。

 

【具体例】HSS型HSPを活かせる3つのこと

1つ目は、動画作成をする。

あなたに趣味などがあれば、それを動画にしてYoutubeなどにアップしてはどうでしょう。

動画編集の段階で、BGMを選んだりエフェクトを付けたり表現をするのも楽しいかと思います。

 

2つ目は、楽器を演奏してみる。

HSPの感受性と音楽はとても相性が良いです。

普段、HSPである自分の気持ちだったり、感受性だったりを表現する場というのは、なかなかありませんよね。

私もバイオリンを少々嗜んでおりますが、自分の気持ちを音に乗せて表現できるのは、とても楽しいですよ。

 

3つ目は、ブログで文字にしてみる。

気持ちを文字にすることで、自分の気持ちをありのまま表現することが出来ます。

私自身ブログを運営していますが、この3つの中では、どなたでも簡単に始めやすいのが嬉しいポイントです。

 

また、広告収入で自宅に居ながらお小遣いを稼いでみたいという方にもおすすめですよ。

 

まとめ

ここで、本記事をまとめていきます。

 

HSS型HSPとは、内向的なHSPと外向的なHSSの2つの特徴を併せ持った気質のこと。

 

HSS型HSPは、繊細さと外向性を活かそう!

具体的には
・動画作成をする。
・楽器を演奏する。
・ブログで文字にする。

 

本ブログでは、HSPやHSS型HSPについて詳しく紹介したり、向き合い方などをご紹介しています。

ご興味がありましたら是非、他記事もチェックしてみてください。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【まとめ】刺激に弱いのに刺激を受けに行く!?HSS型HSPの診断テスト2選
最新情報をチェックしよう!