【初めての方向け】5人に1人が持つ繊細な気質、HSPを分かりやすく紹介

 見ただけで人の気持ちが分かり、共感してしまう。

 人の些細な言葉で傷つきやすい…

 自分が発言した言葉で、相手を傷つけてないか心配になる

 

相手を見ただけで気持ちや考えが分かってしまい、余計に気を遣い疲れてしまう方がいます。

 

私もその1人で、繊細な人という意味の【HSP気質】を持っています。

HSPは、感受性や共感力が人一倍高く、その人自身の個性とも言えるべきものです。

 

そこで本記事では

HSPってなに?から、HSPとの向き合い方までご紹介していきます!

 

本記事を読めば、初めての方でもHSPに関する知識がまるごと分かります!

 

【誰でもわかる】HSPってなに?

HSPってなに?

HSPとは、highly sensitive person(ハイリーセンシティブパーソン)の略です。

アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士によって提唱され、1996年に書籍が
出版されました。

人口の2割程度の方が、HSPだと言われています。

 

読者の皆さんの中にも

人と会話している時に、相手のほんのわずかな仕草や言葉遣いで相手の気持ちを
察してしまったという経験があるのではないでしょうか。

相手の目線、体の向き、言葉の語尾の変化に敏感に気付くなどです。

 

相手の言葉の変化に気付くことで、深い意味は無かったとしても
傷ついてしまうこともあります。

 

このようなことからHSPを持っている方は、下記のように表現されています。

「人より繊細」

「人より感受性が高い」

 

私自身HSPですが、人より感受性高いな~って日頃から感じています。

気持ちの良い青空を見ると、それだけで楽しくなったり(笑)

 

私は、HSPは悪い事ばかりではなく、良い面もたくさんあると思っています。

下記では、これらについてご紹介していきます。

 

【DOESとは】HSPの人が得意なこと

【DOESとは】HSPの人が得意なこと

HSPの人が、得意とされる「DOES」という言葉があります

 

DOESとはこちら

・D:Deps of processing 物事を深く考える
・O:being easily overstimulated 過剰に刺激を受けやすい
・E:being both emotionally reactive generally and having high empathy in particular 感情の反応が強く、共感力が高い
・S:being aware of subtle stimuli 物事を繊細に感じ取る、感受性が高い

 

物事を深く考える

気付くと考え込んでしまっていた。というのがあります。

自分のやるべき課題を前にすると、本当にこれで良いのかな?

もっと他に良い方法はあるんじゃないの?など、色々な面から物事を考えたりします。

 

私はたまに動画を作成しているのですが、その時ここの音楽はこれで良いのか?

もっと合いそうなのはあるかも?

このように思考錯誤を繰り返すので、完成が遅れてしまうことがあります(笑)

 

ただ、より良いものを作ろう!やろう!というのは、とても良い事だと思います。

 

過剰に刺激を受けやすい

HSPの人は、外部からの刺激に対して反応が鋭いです。

「道を歩いている時、後ろから車のクラクションが急に鳴るとビクッ!っと驚く」

「赤や青の蛍光灯、電気がついたのを見ると、一瞬クラッ…とする」

 

あとは音楽を聴いている時、音楽の音色に自分の体験を重ねて感傷に浸るなど。

このように、音や光に敏感に反応してしまいます。

 

私は、車のクラクションは凄く苦手で、後ろで鳴らされたら必ずと言って良いほど
ビクッ!っとします(笑)

 

感情の反応が強く、共感力が高い

共感力が高いと相手を思いやることが出来ます。

上記で簡単にご紹介しましたが、相手が楽しそうにしている、楽しそうに話している。

こういう時、まるで自分の事のように感じる事があります。

 

友達、親、恋人などが喜んでいるのを見ているだけで、自分は満足。

だから、自分より人を優先してしまうことがよくあります。

 

相手が満足しているならそれでいいやって。

相手も大事ですが、自分の事も少し思いやってあげるのも大事だと思いますよ。

 

物事を繊細に感じ取る、感受性が高い

HSPの人は感受性が高いので、物事を繊細に感じ取ることが出来ます。

海を見ている時に、波の音、波の動きまで細かく感じます。

山の上から景色を眺めた時には、綺麗な木々の緑や街並みを見て人々の生活に
想いを馳せます。

 

また、自分の感じた物事をものづくりとして表現するのも得意な方が多いのでは
ないでしょうか。

 

私は、行ったことのない土地へ一人旅に行くことが好きなのですが、
それを動画として表現することがとても楽しいです。

 

感受性が高いと、見たものが自分の目にとても美しく映ります。

私は、HSPがとても素晴らしい事だと考えています。

 

HSPを具体的にどうやって生かせばいいのかは、こちらで紹介しています。

【HSPのメリット】生活、仕事に活かせるHSPのメリット10選

 

HSPの人が苦手なこと

HSPの人が苦手なこと

HSPの人には得意なことがある反面、苦手なこともあります。

 

苦手なことはこちら

・大勢で過ごす ・人一倍頑張ろうとする ・罪悪感の感じやすい ・考え込む

 

大勢で過ごす

HSPの人は、大勢で過ごすことがあまり得意ではありません。

みんなが話している時、いつ話に入れば良いのか分からないことが多いです。

 

話を振ってもらった時には、それはどういう意図があって聞いているんだろうと
気になり、うまく言葉が出ないことがあります。

 

会社やサークルの飲み会の時には、誰と話せば良いのか、何をしていればいいのか

とりあえず、お皿に料理を分けたりしています。

 

私の場合は、とりあえず料理を分けつつ、お酒をちょびちょび飲み参加している
感じを出します。

 

人一倍頑張ろうとする

物事に取り組むとき、人一倍頑張ろうとしてしまいます。

友達や仕事など任されたことを一生懸命に努力して応えようとします。

 

失敗したら、ミスをしたら嫌われてしまうのではないか。

 

心に恐怖を感じて、人から嫌われないように全力で取り組みます。

ただ、嫌われないためにって結構負担になるですよね。

 

私も人から嫌われてしまった過去があるのでわかります。

落ち着いていきましょう。

 

罪悪感を感じやすい

HSPの人は、罪悪感を感じやすいです。

会話後
「さっき言ってしまったあの言葉、あの人を傷つけてないかな…?」

怒っている人がそばにいる時
「自分が何かミスをしてしまったのではないか?」

 

私の場合はお風呂で目をつぶると、その日の出来事や自分の会話した内容が頭に浮かび

傷つけてしまっていないだろうか…と心配になります。

 

お風呂に入るときは、音楽を聴いてリラックスすることで、考えすぎないように
しています。

 

考え込む

HSPの人は、考え込んでしまうことが度々あります。

物事を深く考えることは良い事ですが、考えすぎて身動きが取れなくなって
しまわないよう注意が必要です。

 

相手と喧嘩をしてしまい、どうすれば仲直りが出来るのか。

頭がそれだけになってしまい、他の事が手につかずその場から動けなくなることが
あります。

 

私も考えすぎて、パソコンの前から動くことすら出来なくなることがあります。

そんな時は一旦手を止めて、その場から離れてみると結構落ち着くので、
やってみると良いですよ。

 

さらに、具体的なHSPの症状についてこちらの記事で紹介しています。

【まとめ】HSPによくある10個の症状と向き合い方

 

他人と比べず、HSPの得意なことに目を向けよう

他人と比べず、HSPの得意なことに目を向けよう

自分がHSPだと知って、どのように受け入れて行けばいいのでしょうか?

HSPは病気ではなく気質の為、治すということは出来ません。

 

私自身、自分の気質と完璧に付き合えているわけではありませんが、

私が行っているHSPと付き合っていく方法をご紹介します。

・他人と比べない ・HSPの得意なことに目を向ける

 

他人と比べない

HSPの人は、他人と比べないようにしましょう。

多くの人が会社に行き普通に暮らしていることに対して、自分がそれを出来ていないと自分はダメなんだと。

でもそんなことはありません。

 

私にとって、HSPの人にとって、繊細で感受性が高いことが普通なんです。

 

これを周りの人に話しても、HSPは感覚的なところがあるのでなかなか分かって
もらえないのも辛いところです。

 

しかし、人に分かってもらう。

これはHSPだろうがそうでなかろうが、そもそもが難しいと私は考えています。

 

だから、他人と比べず自分にとってはHSPの自分が普通なんだと、自分のペースで
進んでいくことが大切なんだと思います。

 

HSPの得意なことに目を向ける

HSPを初めて知ると、悪いことにばかり目を向けてしまいますが、得意なことが
たくさんあります。

 

共感力が高いことで、家族や友達、大事な人が困っていたら親身になって
気持ちに寄り添うことが出来ます。

 

綺麗な景色を見たら、人一倍感動し景色を楽しむことが出来ます。

私はよく一人旅に出かけるのですが、自分の知らない土地で自分の知らない景色を見ることがとても好きです。

HSPの人の目に映るものは、より感動的に心が躍るようなものだと思います。

 

私はHSPの感受性が高いところがとても好きです。

 

のんびり空を眺めるだけでも、夜空を見て宇宙に想いを馳せるだけでも、
HSPだからこそ感じられるものがたくさんあります。

HSPが得意なことに目を向け、楽しんでみてはいかがですか。

 

まとめ

ここまでHSPについてご紹介していきました。

簡単に記事を振り返っていきましょう。

 

HSPってなに?

HSPとは、ハイセンシティブパーソンの略。
DOESと呼ばれる行動の特徴があります。

 

HSPの人が得意な事

・物事を深く考える
・過剰に刺激を受けやすい
・感情の反応が強く、共感力が高い
・物事を繊細に感じ取る、感受性が高い

 

HSPの人が苦手な事

・大勢で過ごす
・人一倍頑張ろうとする
・罪悪感を感じやすい
・考え込む

 

HSPをどうやって受け入れる?

・他人と比べない
・HSPの得意なことに目を向ける

 

HSPで悩んでいる方も気楽にコメントしていってくださいね。

お読みいただきありがとうございました。

【HSPとは?】人口の2割の人が持ってるHSPを紹介
最新情報をチェックしよう!