【気遣いをちょい足し】非HSPが、HSPの人と接するための秘訣!

 

非HSPさん
■HSPの人が言われて嬉しいこと・嫌なことってなに?
■最近、HSPという言葉を知って、HSPの人とも上手く付き合いたい

 

最近、テレビなどでも取り上げられたことで、HSPという言葉を知った!という方が増えてきました。

それに伴い、繊細なHSPの人との接し方が分からない…という疑問を見かけます。

 

そこで本記事では、HSS型HSPの私が、非HSPの人にも分かるように

  • HSPの人との接し方
  • HSPが傷つきやすい3つのこと

上記2点をご紹介します。

 

HSPの家族や仕事仲間と接する時にも役立つ内容なので、ぜひご覧ください。

 

【HSPの人との接し方】気遣いをちょい足し

HSPの人との接し方が分からない方は、

HSPが「傷つきやすい」「神経質」など、どうしたら喜ばれて、嫌がられるのかが分からないのかと思います。

 

ですが、HSS型HSPの私からすると難しくなく

おすすめの接し方は、「気遣いをちょい足しする」です。

 

なぜ、気遣いのちょい足しがおすすめなのかというと、

HSPの繊細さや敏感さなど、HSPの特徴を幅広くフォローできるからです。

 

具体的にHSPは、

■「表情」「仕草」「言葉遣い」などから、気持ちを繊細に感じ取ったり

■音や光をストレスのように、刺激として受け取ったりします

 

そのため、

繊細さん
■相手の表情が少しでも曇れば、嫌われたかな…と感じたり
■刺激に体力を奪われ、直ぐに疲れ切ってしまいます

 

なので、この時おすすめなのが「気遣いのちょい足し」です。

HSPは、あらゆることに繊細や敏感に感じ取るので、相手の気遣いも繊細に感じ取ることができます。

 

参考に、どのようにすればいいか載せておきます。

■言葉遣い・仕草・表情を優しくする
繊細で、自己肯定感が低い人が多いので、傷ついたり・嫌われたと思いやすいため。

■待ってくれる・声をかけてもらえる
HSPは疲れやすく、考える時間も長い人が多いので、「ゆっくりでいいよ」とか気遣いのある対応が嬉しい。

※HSPの度合いや特徴の現れ方など、人によって異なる部分はあるかと思います

 

HSPは、人の気持ちに敏感な分、人に気を遣ってばかりいるので、

相手の気遣いが見えると、心が温かくなります。

 

以上から、HSPの人と上手く接するには、気遣いのちょい足しがおすすめです。

 

繊細なHSPが居ることを理解

続いて、HSPと上手く接するために

HSPという繊細な人が居るんだという理解も大切かと思われます。

 

この記事を読まれている方でしたら大丈夫ですが、

非HSPの人からすると、HSPの人は神経質、めんどくさいと感じるかもしれません。

 

しかし、HSS型HSPの私からしても、「何でこんなに繊細なんだ…」と自分でも思いますが、繊細な人は実際にいるのです。

 

なので、HSPを理解する心も持っていただければと思います。

 

HSPが傷つきやすい3つのこと

ここからは、HSPがどんなことで傷つきやすいのかご紹介します。

 

上記で軽く触れましたが、

HSPの度合いや特徴の現れ方によって、全てのHSPの人に当てはまるわけではないので、ご留意ください。

 

  1. 遅いと言われる
  2. 体力が無いと言われる
  3. 大げさにされる

 

遅いと言われる

HSPの人は、行動するのに時間が掛かる人が多いです。

そしてHSP自身、時間が掛かることが分かっているので、遅いと言われることに落ち込んでしまいます。

 

行動が遅い理由として、

HSPが物事を考える時は、色々な可能性を考えた上で答えを出そうとします。

 

例えば、LINEやメールの返事をする時

ただ自分の気持ちや考えを打つだけでなく、相手が読んでどう思うかまで想像します。

加えて、たくさん考えるので、まとめて言葉にするのに時間が掛かるのです。

 

このような理由から、遅いと言われることに対して落ち込んでしまう人が多いのです。

 

体力が無い

2つ目は、体力がないことを指摘されるです。

体力が無いと言われると
悲しいような、どうしようも出来ないような気持ちになります。(笑)

 

HSPは、刺激に敏感な特徴があるため、刺激によって体力をガンガン奪われています。

刺激というのは、明るい光や騒音だけでなく、音楽や生活音なども含みます。

 

私の場合はHSPの度合いが強く、HSS型HSPでもあるので

パソコンのファンや換気扇の音を聴いているだけでも、吐き気がしてすぐに休みたくなります。

 

体力が無くなるという結果だけでなく、理由も知った上で接するのが良いのかなと思います。

 

大げさにされる

3つ目は、大げさに表現されることが苦手です。

HSPの人は、自己肯定感が低い人が多いので、特に人目を気にします。

 

そのため、HSPの人が取った行動や言動に対して、

人前で叱られたり、学校であるような言いふらされたりということを、「止めてほしい」と思う方が多いです。

 

まとめ:気遣いをちょい足ししよう!

それでは、HSPの人との接し方についてまとめていきます。

一緒に復習してみましょう。

 

HSPの人との接し方は、気遣いのちょい足しがおすすめ
HSPの繊細さや敏感さなど、HSPの特徴を幅広くフォローできる

HSPの人が傷つきやすい3つのこと

  1. 遅いと言われる
  2. 体力が無いと言われる
  3. 大げさにされる

 

友人や仕事仲間・恋人などに

上記の行動を行っていないかチェックしてみてください。

 

気遣いをちょい足しすることで、相手を傷つけずにサポートすることが出来ます。

 

冒頭でも申し上げましたが、

非HSPの方が、HSPの人と上手く付き合いたいと思ってもらえるのは、嬉しく思います。

本記事が、少しでもお役に立てば幸いです。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

【気遣いをちょい足し】非HSPが、HSPの人と接するための秘訣!
最新情報をチェックしよう!