HSPがフリーランスで働く5つのメリットと3つの注意点

■自分のペースで働けるフリーランスに興味がある
■でも、やっていけるか不安…
■HSPに向いているフリーランスを教えて欲しい

 

人の顔色や気持ちを読み取ってしまうHSPにとって、1人自分のペースで取り組めるフリーランスは、とても魅力的です。

 

実際にHSS型HSPの私自身、組織が合わず個人でブログを運営しています。

しかし、フリーランスならではのメリットや注意点は当然あり、後先考えずに飛び込んでしまうのは、早計です。

 

そこで本記事では、

masaki
HSPがフリーランスを始めるメリットと注意点
HSPのおすすめのフリーランス職をご紹介します。

 

本記事を読むことで、HSPがフリーランスで働くとはどういうことか、その全体像を把握することが出来ます。

 

HSPがフリーランスになるメリット

まず、HSPにフリーランスが合っている理由を含め、フリーランスになるメリットをご紹介します。

 

主なメリットは、5つあります。

  1. 煩わしい人付き合いをしなくて済む
  2. 人の顔色や気持ちを読まなくて良い
  3. 組織や満員電車から、刺激を受けずに済む
  4. HSPの繊細さを表現に活かせる
  5. 成果型なので稼ぎやすい

 

煩わしい人付き合いをしなくて済む

1つ目のメリットは、煩わしい人付き合いをしなくて済みます。

フリーランスになると、仕事は個人で行うことが多くなるので、必要以上に周囲に気を遣う必要はありません。

 

例えば、

  • 同僚から気分が悪くなるくらい愚痴を聞いたり
  • 皆の前で、上司から怒られるストレスを感じる必要はなくなります。

 

人の顔色や気持ちを読まなくて良い

会社という小さなグループでは、和を乱さないように合わせたり、ギスギスしたりという、人の感情に一喜一憂しなければなりません。

これでは共感力が高いHSPの人は、直ぐに体力的にも精神的にも参ってしまいます。

 

しかし、フリーランスでは、人を気にすることなく、繊細な自分のペースで仕事に取り組むことが出来るのです。

共感力の高いHSPにとって、人の顔色や気持ちを読まないだけでも、とても気持ちが楽になります。

 

組織や満員電車から、刺激を受けずに済む

3つ目は、組織や満員電車から刺激を受けなくて済むことです。

 

HSPの人は、日々刺激を受け続けているので、

  • 人混みの騒音やストレスで体調が悪くなったり
  • 1人の時間が必要で、眠くなるということが起きます。

そのため、満足する仕事というのはなかなか出来ません。

 

これがフリーランスなら、

環境によって体調や能力が左右されてしまうHSPでも、刺激を少なくできるので、集中力を保ちながら仕事に取り組めるようになります。

 

HSPの繊細さを表現に活かせる

4つ目は、HSPの長所でもある繊細さを活かすことが出来ます。

 

例えば、webデザインやブログは、見やすさや分かりやすさが大切なコンテンツです。

HSPの人が持つ個性豊かな感性を発揮することで、目に留まりやすく集客もしやすくなります。

 

成果型なので、稼ぎやすい

フリーランスは、成果型なので稼ぎやすいのが特徴です。

スキルやノウハウを身につければ、月収7桁を超える人もたくさんいます。

 

一方、会社員は時給換算ですので、いくら働いても月収がたくさん増えるということはありません。

 

自分の努力や行動が報酬となって表れるというのが、フリーランスの1つの魅力なのだと思います。

 

HSPがフリーランスを始める注意点

ここからは、フリーランスの注意点をご紹介していきます。

注意点を知らないと、足元を掬われやすいのでしっかり覚えておきましょう。

 

  1. 稼げるようになるまで時間が掛かる
  2. 継続できるかが鍵
  3. 怪しい情報商材に注意

 

稼げるようになるまで時間が掛かる

フリーランスは、自身のスキルやノウハウでお金を稼ぐため、自身にそう言うものが無ければ、直ぐに稼げるというものではありません。

 

そのため、会社を即刻辞めてフリーランスになるという選択肢は、リスクがとても高いです。

 

会社に勤めているうちに、スキルやノウハウを身に着け副業を行い、軌道に乗ったら、という形がいいかもしれません。

 

継続できるかが鍵

フリーランスをしていると、継続という言葉を必ず耳にします。

それだけ、継続することが大切で大変なのです。

 

比較的自由な時間が増える分、怠けてしまったり途中でやめてしまうという方がとても多いです。

 

それに上記で紹介したように、成果が出るまで時間もかかります。

簡単に稼ごうという気持ちのある方には、難しいかもしれません。

 

怪しい情報商材に注意

フリーランス、副業などを始めようと考えている方で、特に注意をしていただきたいのがこちら。

情報商材の売込みです。

 

検索や実際に活動をしていくと、情報商材を売っている人を見かけます。

もちろん、有益で本当に価値のある物のみを売っている人もいますが、中には騙されてしまうと言ったものもあります。

 

HSPの人は素直な方が多いので、騙されないように注意を払っていただければと思います。

 

HSPにおすすめのフリーランス

フリーランスを始めたいけど、いくつもあってHSPに合っているものが分からないということがあるかもしれません。

そのような方に向けて、HSPに合うフリーランスをご紹介します。

 

それは、ブログです。

ブログは、資産性が高いと言われており、1度立ち上げれば自動的に集客をして、販売を行うことが出来るのです。

 

老後2000万円問題と言われていますが、将来病気で働けなくなっても、ブログが代わりに稼いでくれます。

 

自宅で、煩わしい人付き合いせずに自分のペースで取り組めるのも、HSPにとって最高の環境です。

 

そして、1番はどなたでも始めやすいというのが特徴です。

パソコンとネット環境があれば、今日からでも立ち上げることが出来ます。

 

HSPで仕事や職場に悩む方は、ご自身の将来のために、ブログを始めてみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

ここで本記事の内容をまとめます。

 

■HSPがフリーランスになるメリット

  1. 煩わしい人付き合いをしなくて済む
  2. 人の顔色や気持ちを読まなくて良い
  3. 組織や満員電車から、刺激を受けずに済む
  4. HSPの繊細さを表現に活かせる
  5. 成果型なので稼ぎやすい

■HSPがフリーランスを始める注意点

  1. 稼げるようになるまで時間が掛かる
  2. 継続できるかが鍵
  3. 怪しい情報商材に注意

■HSPの人には、ブログがおすすめ

 

メリットと注意0の点両方書いていきましたが、フリーランスはHSPにとって適して働き方だと感じています。

HSPに合った働き方を探している方は、是非フリーランスも視野に入れてはいかがでしょうか。

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

HSPがフリーランスで働く5つのメリットと3つの注意点
最新情報をチェックしよう!