【共感し過ぎて辛い?】HSPの共感力が持つ2つのメリットと辛い時の対処法

 HSPの共感力に、メリットなんてあるの?

 人に共感は出来るけど、HSPの自分の言葉は共感してもらえない

 どうしたら共感力と上手く付き合って行けるのか教えて欲しい!

 

HSPの共感力は、人の気持ちばかりに共感してしまい、1人で考え込んでしまう方がとても多いです。

 

以前の私も、人の気持ちばかり察してしまい、自分のことだけでも精いっぱいなのに、人の気持ちまで背負って苦しんでいました。

しかし、現在は人の気持ちに寄り添いながらも、自分の気持ちも大事に行動できるようになりました。

 

そこで本記事では、

HSPの共感力は自分や人の為に役立っているんだよ、というお話から、共感し過ぎてしまった時の受け流し方まで、ご紹介していきます。

 

本記事を読むことで、HSPの共感力の活かし方や共感し過ぎてしまった時の対象法が分かります。

 

共感力が高いHSPは、人から好感を得やすい

共感力のメリットは、目に見えて分かるものではないので気付きにくいです。

しかし、実は共感力の高さは、人とのコミュニケーションが苦手なHSP自身や身の回りの人の役に立っています。

 

共感力の高さのメリットは、主に2つあります。

  1. 人から好感を得やすい
  2. 嬉しいや楽しい気持ちを共感できる

 

共感力が高いHSPは、人から好感を得やすい

HSPの人は、人とのコミュニケーションを苦手とする人が多いです。

しかし、そんなコミュニケーションが苦手なHSPの人は、人から特に好感を得やすいと言います。

 

一見すると「えっ?」と思ってしまいますが、それが共感力なのです。

 

HSPは、物事を深く考えるという特徴の他に、共感力の高さを持っています。

HSPの人からすると、深く考えるためにスムーズに会話の返事が出来ない、とデメリットに感じてしまうかもしれません。

 

しかし、相手からすると

「話に対して、真剣に考えてくれている」

「話に共感をしてくれるので、安心感を得られる」

というように、好感を持ってくれます。

 

このように、共感力が高いHSPのメリットは気付きにくいですが、ちゃんと人の役に立てているのです。

 

嬉しいや楽しい気持ちを共感できる

友達や恋人、家族などとの楽しい気持ちを共感できる。

やはり、HSPの共感力で一番嬉しいのは、これではないでしょうか。

 

一般的に人の会話というのは、伝えたい事の3割しか相手に伝わらないと言われています。

そのため、言いたいことが伝わらなかったり、何が言いたいの?と聞き返されてしまうことが度々あるのです。

 

しかし、HSPの高い共感力なら、自分のことのように感じることが出来ます。

 

悲しかったり辛いことも。

友達や恋人、家族に辛いことがあっても、辛さを分け合えます。

 

楽しいことは2倍に、辛いことは半分にという言葉がありますが、まさにHSPにふさわしい言葉だと思います。

 

その他、HSPのメリットはこちらでまとめています。

【HSPのメリット】生活、仕事に活かせるHSPのメリット10選

 

HSPの共感力は、時に辛さを感じる

HSPの共感力は、時に辛く感じてしまうことがあります。

人の楽しい気持ちが分かるように、反対の嫌な気持ちにも共感して、傷ついてしまうのです。

 

身の回りで不機嫌そうな人がいると感じたら、自分が何かやってしまったのではないかと罪悪感を感じてしまう。

 

音楽を聴いただけでも、頭で音楽をイメージできてしまい、涙を流したり胸が苦しくなってしまう人もいます。

 

そして、一番は自分に共感してもらえない事でしょうか。

HSPは、気持ちや感情といった目に見えないものを感じ取ります。

 

そのため、人に話したとしても理解してもらえないことが多い。

人にばかり共感をして、自分は分かってもらえないという孤独感を感じてしまいます。

 

HSPはメリットだと捉えることも出来ますが、同時にデメリットが付きまとってしまう為、辛さを感じてしまうのだと思います。

 

次は、共感し過ぎて辛い時の対処法をご紹介します。

 

共感し過ぎて辛いときの対処法

共感し過ぎて辛い…、よく分かりますよ。

私自身、音楽を聴いただけでも入り込み過ぎて、涙を流してしまう程です(笑)

 

そこで、共感し過ぎて辛い時の対処法をご紹介していきます。

簡単に誰でも出来るので、試しにやってみてくださいね。

 

共感し過ぎて辛い時の対処法は、「気分転換をする」です。

 

HSPは共感する時に、まるで自分のことのように感じると言います。

これは、人の言葉や音を頭で考えイメージできてしまうからなのです。

 

「この人は、こういう辛い経験をしたんだな…」

「もしかしたら、死にたいほどつらかったのかな…」と。

 

そして、共感したこと以上に考えてしまうので、辛くなってしまうのかもしれません。

 

なので、このような時は、気分転換をしてみてください。

席を外したり、外の空気を吸いに行ったりでも大丈夫です。

 

私も共感し過ぎて辛い時は、外に出て自然を感じるようにしています(笑)

 

簡単なことなので、意味ないと思われるかもしれません。

しかし、辛いと言っているだけでは変わりません。行動しましょう。

 

まとめ

ここで、本記事の内容をまとめます。

 

共感力のメリット

  1. 人からの好感を得やすい
  2. 嬉しいや楽しい気持ちを共感できる

 

共感し過ぎて辛い時の対処法

  1. 気分転換をしよう

 

本記事が、共感し過ぎて辛いと感じている方の助けになれば幸いです。

 

HSPブログでは、HSPで悩む人に向けて、向き合い方や活かし方を紹介しています。

興味がありましたら、是非他の記事もチェックしてみてください。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【共感し過ぎて辛い?】HSPの共感力が持つ2つのメリットと辛い時の対処法
最新情報をチェックしよう!