【HSP】音や考え過ぎて眠れない…リラックスして眠る2つの方法!

 考え過ぎて眠れない

 音が気になって、眠れない

 HSPの自分でも、気持ちよく眠れる方法が知りたい!

 

HSPはその繊細さや敏感さから、他人からすると些細なことでも気になってしまい、夜眠れないと悩む方が多いです。

 

HSS型HSPの私は、夜眠れず悩んでしまうということは無くなりました。

しかし、以前は時計の秒針が進む音すら気になって、眠れなくなってしまうことがありました。

 

そこで本記事では、

HSPの人が眠れなくなってしまう原因と、寝つきを良くする2つの方法をご紹介していきます。

 

本記事を読むことで、寝つきが良く気持ちの良い朝を迎えられるようになります。

 

HSPの人が眠れないのは、繊細・敏感すぎるから

HSPの人が夜眠れないのは、繊細や敏感すぎるからです。

夜、目を閉じると視覚からの刺激が無くなり、ただでさ得敏感なのにその他の五感が研ぎ澄まされてしまいます。

 

例えば、扇風機のファンが回る音や時計の針が進む音など。

普段生活をしている分には特に気にしていない音でも、寝ようと目を閉じた時は鮮明に聞こえてしまいます。

 

それも、「こんなに音大きかったっけ!?」と驚いてしまう程に。

 

HSPは繊細や敏感なため、これを刺激として人一倍感じて取ってしまので、眠れなくなってしまうのです。

 

考えすぎて眠れない

次に、考え過ぎて眠れなくなってしまうこともあります。

 

HSPは考えることが得意な他、共感力や感受性が高いです。

 

そのため、目を閉じると今日有った出来事や会話が思い出され、

  • 「相手を傷つけていないか」
  • 「もっと良い対応が出来たのではないか」など

罪悪感を感じて、眠れなくなってしまいます。

 

さらに、自分では考えるのを止めたくても、止められなくなってしまうということもしばしばあります。

体を休めるために寝たいのに、余計に疲れてしまうのでなかなか休める時がありません。

 

HSPの人が眠れない、その他の3つの原因

眠れない原因は、他にもあります。

ここでは、その他の眠れない原因についてご紹介します。

 

  1. 睡眠環境が悪い
  2. 運動不足
  3. 不眠症

 

睡眠環境が悪い

上手く寝付けないというのは、睡眠環境が影響していることもあります。

睡眠環境は、寝つきだけでなく睡眠の質にも繋がる大切な要素です。

 

例えば

  • 寝る直前までスマホ操作をしている
  • 季節に合わない寝具を使用している
  • 寝室の音や光が気になる、など

 

寝る直前までスマホ操作をしているのは、良くないというのは有名です。

これは、スマホの光を脳が太陽光だと勘違いしてしまい、睡眠に必要なホルモンの分泌を抑えてしまうためです。

 

これらの睡眠環境に気を遣うことで、寝つきを良くすることにも繋がります。

 

運動不足で眠れない

適度な運動は、睡眠を取る上で大切です。

体の疲労感が脳へと睡眠を促し、眠気を感じやすくなるからです。

 

しかし、現代では時間に追われてしまうことが多く、運動する時間を作ることが難しくなっています。

さらに、休日も1日中家に居たり、スマホやパソコン操作をして過ごしてしまう人が多いです。

 

そのため、頭は疲れていても体は睡眠を必要とするほど疲れていないので、眠れないということが起きます。

 

不眠症で眠れない

不眠症とは、睡眠障害の1種で約5人に1人が悩んでいる言われる病気です。

主な症状は、寝つきが悪いや集中力低下、倦怠感などの体調不良が現れます。

 

不眠症の原因は、多岐にわたります。

  • 睡眠環境が悪い
  • 年齢
  • ストレスなど

 

不眠症の場合は、1ヵ月以上続くことがあります。

原因や症状によって、対処法が異なりますので不眠症の傾向があると感じた場合は、速やかに医療機関での受診をしましょう。

 

眠れない時の改善方法

HSPの人が眠れない時に、試してほしい改善方法をご紹介します。

 

  1. 外部刺激をカットして、睡眠環境を整える
  2. 睡眠サプリを利用する

 

外部刺激をカットして、睡眠環境を整える

HSPの人は、特に周囲の光や音に敏感に反応します。

寝室には、自分が寝付きにくくなるようなものを減らし、睡眠環境を整える必要があります。

 

例えば、

  • 音の出るものを遠ざけたり
  • 寝る30分前には暗くするなど。

 

HSPの人によって気になる音は異なりますが、時計の針の進む音や扇風機のファンの音など、自分にとって気になるもの遠ざけることで刺激をカットできます。

 

どうしても気になってしまうという場合は、アイマスクや耳栓もおすすめです。

このように、自分にとって寝やすい環境を整えていくことが大切です。

 

睡眠サプリを利用する

寝つきを良くして、朝スッキリ起きたい!という場合は、

手軽に睡眠サプリを利用する方法があります。

 

HSPの場合、寝る30分前に電気を消しても

心配事や気になる事がちょっとでもあると、考え過ぎて寝付けない…ということが、あります。

 

また、寝付けないことで焦ってしまい、余計に疲れてしまうということに陥りかねません。

 

そんな時、体の内側から睡眠をサポートしてくれるのが睡眠サプリです。

こちらの記事では、医学博士や栄養士さんもおすすめしている

睡眠サプリをご紹介しています。

【1日3粒】HSPの睡眠不足・ストレス軽減で、手軽に生きやすく

 

こちらは、特に配合量にこだわっているので

眠りが深く、疲れ切った気持ちや頭の重さもスッキリ起きられる、効果に期待できます。

 

これからも、寝つきの悪さや睡眠に悩み続けたくない方、読んでみてください。

 

まとめ

ここで、本記事の内容をまとめます。

 

HSPの人が眠れないのは、繊細・敏感すぎるから

その他の眠れない3つの原因
睡眠環境が悪い、運動不足、不眠症

HSPの人が眠れない時の改善方法
外部刺激をカットして、睡眠環境を整える
手軽にサプリを利用する

 

本ブログではHSPに悩む方に向けて、HSPとの向き合い方や活かし方を紹介しています。

記事タイトルで興味を惹くものがありましたら、是非チェックしてみてください。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

【HSP】音や考え過ぎて眠れない…リラックスして眠る2つの方法!
最新情報をチェックしよう!