【HSPの不安と不安障害の違い】不安にならないための2つの考え方

■自分はHSPで、不安になることがよくある
■HSPの不安と不安障害の違いは?
■不安になった時に落ち着く方法が知りたい!

 

HSPの人は、気になることがあると不安を感じる方が多いです。

吐き気を催したり、お腹の調子が悪くなってしまうこともあります。

 

私自身、HSS型HSPで不安を感じることはありますが、自分なりの方法を見つけ対処できるようになりました。

 

そこで本記事では、下記3点をご紹介します!

  • HSPの不安の原因
  • HSPの不安と不安障害の違い
  • 不安になった時、落ち着く方法

 

本記事を読むことで、不安との付き合い方が分かります。

 

HSPが不安を感じる原因

HSPが不安を感じる主な原因は、「深く考えることが得意だから」と言えます。

HSPはあらゆる面から物事を捉えようとするので、自分が出来るか分からないことがあると、不安を感じるのです。

 

例えば、新しい仕事に就こうとした時。

  • 採用は決まったけど、上手く出来るんだろうか…
  • 失敗しないだろうか
  • 人から、変に思われていないだろうか

 

というように、たとえ新しい仕事が嬉しくても、マイナスの考えばかりが思い浮かび、不安になってしまうのです。

 

HSPの不安は、一時的

HSPの不安は、一時的だと考えられます。

やったことがない事でも経験をすると、大体の不安が薄れることが多いです。

 

自分が出来ることが分かったり、時間が経つと忘れていたりすることも多くいので、HSPの不安は考えすぎで、一時的なものだと言えます。

 

HSPの不安と不安障害の違い

HSPの不安と不安障害の違いは、病気かどうかと言えるかもしれません。

そもそも不安障害とは、パニック障害やその他、不安を主な症状とする病気の総称です。

 

厚生労働省によると、近年の研究で心理的要因だけでなく、脳機能異常が関係しているともされています。

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html

 

例えば、

心理的要因は、ストレスや過去のトラウマ。

脳機能異常は、恐怖を感じる神経が過活動してしまうという説です。

 

しかし、ハッキリと解明されたわけではないのでご注意ください。

 

不安にならないための考え方

ここでは、実際に私が行っている、不安にならないための考え方をご紹介します。

今すぐに実践できるので、とても不安を感じやすい方におすすめです!

 

  1. 失敗はデータ
  2. 現状維持か前進か

 

失敗はデータ

1つ目は、「失敗はデータ」という考え方です。

日本で生活をしていると、「失敗はダメ」「悪い事だ」というような風潮があります。

 

これを続けて行くと、新しい事を始めようとしたとき

「何をやりたいか」ではなく、「どうすれば失敗しないか」という、失敗しないための方法を考えるようになってしまいます。

 

しかしこれでは、新しい事を始める度に、不安や恐怖が付きまといます。

 

ここで、失敗はデータという考えを持つことで、不安や恐怖は取り除けます。

 

どういうことかというと、

「失敗したというのは、その方法では上手くいかないことが分かった。」ということ。

 

つまり、上手くいく方法を探すヒントになります。

 

このように考えると、失敗は悪い事ではないと思えてくるのです。

 

現状維持か前進か

こちらは、メンタリストのDaiGoさんが紹介していた論文の方法です。

リスクが怖くて、進めない時におすすめの考え方です。

 

まず結論は、現状維持か前進かで考えることが大切です。

 

~論文の方法はこうです~

「じゃんけんで勝ったら、5千円あげます。しかし、負けたら5千円払ってください。」

これをあるグループに話すと、一部の人はリスクを恐れじゃんけんをしませんでした。

 

そこで、じゃんけんをしなかったグループに言います。

「今、5千円持っていると思ってください。勝ったら1万円になって、負けたらその5円千を渡すだけです。」

 

そうしたら、じゃんけんをしなかった人の中から、じゃんけんをする人が現れたそうです。

 

つまり、目の前にプラスのことがあっても、行動できない人が考え方で変われたということを指します。

 

さらに、面接で力を発揮できない人は、受かるか落ちるかを考えてしまっているからだと続けています。

 

お恥ずかしながら、私もこれでした(笑)

現状維持か前進か、ならとても気持ちが楽になります。

 

不安や失敗が怖い方は、この考えを持ってみるといいかもしれません。

 

まとめ

ここで本記事の内容をまとめます。

 

■HSPが不安を感じる原因は、深く考え過ぎる事が得意だから

■不安にならないための考え方

  1. 失敗はデータ
  2. 現状維持か前進か

 

あとがきになりますが、私は常にこの2つの考え方を持つようにしています。

HSS型HSPの私としても、とてもおすすめできる方法です。

 

本ブログでは、HSPに悩む方に向けて、HSPとの向き合い方や活かし方を紹介しています。

他の記事タイトルで興味を惹くものがありましたら、是非チェックしてみてくださいね。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

【HSPの不安と不安障害の違い】不安にならないための2つの考え方
最新情報をチェックしよう!